紫罘腓鞘莢∝潟若宴潟<c

動物麻酔システム KM-3100

製品説明


シンプルボディに安全性を融合

コンセプトは ”安全性の最優先”

高い安全性と機能性を確保したことにより、獣医麻酔をトータルサポートします!

特  徴


● 酸素供給圧力が300kPaまで低下すると ”ホイッスルアラーム” で警報します。

● 循環呼吸回路(アブソーバ)に ” 過圧リリーフ弁” を設置して、安全性の向上を図りました。

● 余剰ガス調整弁は ”APLバルブ方式(adjusttablu pressure limiting valve)” を採用したことで、
  さらに安全性と操作性がアップしました。

● 吸気弁/呼気弁アセンブリ及び、キャニスタの脱着は ”スクリュー固定式” の採用により、不慮の離脱事故を
  防止します。

● ゼロ点アジャスター機構付きの気道内圧計を標準装備しています。

● 麻酔薬気化器は耐久性に定評のある英国ペンロン社製 ”Sigma Deltaシリーズ” からお選び頂けます。
  ※麻酔薬気化器はオプションです。

搭載・組合せ例

 
下記画像は、動物麻酔システム KM-3100に動物人工呼吸システム KVS-2100,シグマデルタ麻酔薬気化器、
動物用プレミアムセットスタンドを組合わせた搭載例です。
※ 動物麻酔システム KM-3100以外の機械類は含まれておりません。

製品仕様

使用ガス種類 医療用酸素、空気、笑気(亜酸化窒素)
定格供給圧力 0.4±0.05MPa
流量計 酸素:0.1〜5.0L/分

 

空気:0.1〜5.0L/分

  笑気:0.1〜5.0L/分(オプション)
酸素フラッシュ 流量:35〜75L/分 0.4MPa時

炭酸ガス吸収装置 (キャニスタ)

容量:1.0L (炭酸ガス吸収剤を約800g充填可)
気道内圧計 メータパネル表示 -10〜+80hPa,機械式
酸素供給圧低下警報 酸素圧0.3MPa以下でホイッスル警報発生
過圧安全弁 回路内圧40hPa以上で大気リリーフ

本体寸法

315mm(W)×225mm(D)×400mm(H) (突起部を除く)

質  量 約10Kg (麻酔薬気化器及び付属品を除く)
動物用医療機器承認番号 22動薬第5063号

アクセサリ及び消耗品

ページTOPへ